fxにしかできないこと

外貨預金とfxを比較して様々な点がわかってきたと思いますが、要約すると外貨預金でできれてfxでできない事はないということです。逆に、fxでないとできない事はたくさんあります。手数料が安いと言う事もそうですし、売りからトレードをするという事もそうです。レバレッジをかけて運用することもそうですし、24時間自分でトレードをできると言う事もそうだと思います。このように数えて行くときりかがないほどfxはメリットでいっぱいです。しかし、このような事を把握している人はまだ少ないと思います。残念ながらfxをしている人の中でもfxを最大限に利用しきれていない人がばかりなのが現状だと思います。しかし、現在トレードをしている環境より可能性が広がると言う意味では、先が明るいと思えるでしょう。これが先行きもつかない可能性も見出せない状態で生きていくことはとても辛いことだと思います。人間は何か光があれば希望を持てる生き物です。fxにはその希望がたくさんありますし、ありすぎて使いきれないくらいかもしれません。数回fxで退場したとしても少ない資金からチャンレンジすることができるので、何度でも挑戦してみればいいと思います。失敗とは諦めた時点で確定しますので勝てるまで勝負は続けることが勝者の理論だと思います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

トレードをする感覚を身につけよう

外貨預金をしている人は運用すると言うより預けているという感覚が強いと思います。これは人任せであるという意識が強くて損失が出た時に担当者のせいにしてしまいがちです。しかし、金融商品は多かれ少なかれ全て自己責任で行うものであると言う事を徹底したほうが良いです。他人任せは担当者が言うかもしれませんが、実際に損をするのは自分なわけですから自己責任なるのです。担当者が損失を補てんするような事が仮にあれば、それはそれで金融商品取引法違反になってしまいます。仮に任せるにしても自分で把握してコントロールできる態勢でいることが何よりも大切になります。しかし、都度最新の情報をアップデートしようと思えば、やはり自分で運用すると言う事が効果的です。運用というのは短期であれば長期であれトレードをするという事になります。トレードと聞くとぎょっとするかもしれませんが、fxがどのように行われるのかを体験することは意義のあることです。そのような場にいると言う事で意識も高まりますしリスクに対して敏感になるものです。外貨預金をするにしてもそのような相場で運用している事に変わりませんので、自分のお金がどのように運用されているかを知る上でも大事になるでしょう。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

正しい知識を手に入れる

金融商品を扱う上で大切な事は情報力です。しかし、いくら情報を持っていても正しく理解していないと間逆に作用していしまう場合がありますので、しっかりと理解して活用するようにしましょう。薬と毒は紙一重と言われるように、使い方によっては薬にも毒にもなります。しかも、その時々によって受け取り方が違ってくるのでトータル的に活用することが必要になります。よくネットでの書き込みで見かけるのですが、逆指値の事を指値注文と勘違いしている人がいます。逆指値注文とはその値段になった時点で成行で発注すると言う事になりますので、指定レートととの違いが出てしまいます。それを理解せずに指定レートで約定しないと騒ぐ人がいますが、その人は正しくfxを理解していないと言う事になります。その誤差は大きくなってきますし想定外で起こる事で資金管理方法も違ってくると思います。そのような事を繰り返していれば勝率は下がります。経済指標発表においても結果が良くても予想より悪ければ下がることになります。その事を知らずに前回より良かったと言う事で買いで入ると痛い目にあいます。これらはすべてfxの基本的なことばかりですので、知らないと言う事は無防備に等しいです。正しい知識を装備して備えましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

世界で活躍するためのfx

fxが登場してから日本の金融商品は大きな転換をせまられる結果となりました。圧倒的な使いやすさと無限大の可能性を秘めたものですので、株式等からfxにシフトをする人が多くなり社会問題ともなりました。株式や外貨預金などとも比較されますが、お互いの良い面を補完するような立場となることもありますので、もっとトータル的に金融分野が活躍できるように、政府は基盤を作る必要があると思います。税率の問題や規制の撤廃などを進めていくことが必要です。例えば、レバレッジ規制などは自己責任の範疇を国が規制すると言う事自体がおかしいことだと思います。例えば、切れ味が鋭すぎる包丁を良く切れすぎるために発売を禁止すると言っている事と同じであります。それは使い方で違ってきます。日本は既に内需の拡大は見込めないので新興国を含めて世界と勝負をしていかなければなりません。そのような中で過保護政策を続ければ国際競争力で負ける事は目に見えています。もっと国民が短時間で痛い目にあいつつ自立して改善していくことが必要になると思います。fxは資本主義のどまんなかになるものだと思いますので、もっと規制緩和を推し進めて投資家として立派になれるように環境を整えるべきです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

外貨預金のメリット

fxより外貨預金をすることでのメリットは上げにくいですが、日本の金融商品の中であれば優位性はまだ高いと思います。fxと外貨預金の差と言えば、一般の人であれば信用性を上げる人もいるでしょう。fx会社が独立系も合わせると歴史が浅く財務体質としても銀行などと比べると脆弱であると言う事は事実です。今では信託保全というシステムがあるので、fx会社自体の信用度がなくてもお金は保全されるシステムにはなっていますが、そのような事を知っている人は少ないと思います。一般人はイメージとして自分のお金を預けるのであれば、知名度や歴史のある銀行を選ぶ人が圧倒的に多いのではないかと思います。そういう意味では、銀行の外貨預金を選択する一定の理由はあるのではないかと思います。小さな金額であればそれほど拘りが少ない人でも、大きな金額を預けるとなると気にする人が多いと思います。厳密に言うと、銀行でも1,000万円以上預けていてもペイオフで有事でも保全されませんし、外貨預金はそのペイオフにもかかってきません。情報がある人であれば良いのですが、通常、仕事等で忙しくしている人はそれを検証することも難しいです。しっかりと情報を収集して損をしない人生設計をする必要があります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

海外でもfxはできる

fxはネットに繋がっていればどこでもトレードができます。もちろん、海外にいるときだってネットに繋がってさえいれば問題なくトレードができます。これはとても便利な事だと思います。トレードチャンスはいつでも待ったなしで訪れます。そのような時にいつでも対応できるかどうかが勝てるトレーダーかどうかにも影響してくるのではないかと思います。例えば、仕事で海外出張している間にポジションを決済することができない場合、買いポジションを持っていてどんどん下がっている場合何もできないのであればリスクが高いと思います。利益が上がっていればのんびりすることができますが、損失が拡大しているのであれば生きた心地はしないでしょうね。そういう事がないようにfxではネットが繋がっていればどこでもトレードができるので心配がありません。これは海外だけでなく日本でも言える事です。携帯電話さえあればそこからログインしてトレードをすることができますし、今ではターゲットの値段に達すればアラームメールが届く仕様もあるようですので、ライフスタイルに合わせてカスタマイズができるのでとても便利だと思います。自分でいろいろと試してみてリスクが軽減できる、もしくは利益を最大化できるように工夫しましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

海外旅行時にもfxは使える

銀行の外貨預金とfxを比べると手数料の差が雲泥であると言うことを御紹介したと思いますが、海外旅行へ行く時に換金すると思いますが、その換金に関してもfxはできるようになってきました。もちろん、手数料はfxの時と同じでとても安くて済みますのでとても便利です。これまで換金所はたくさんありましたが、どこも同じ銀行が運営していたと言う事もあり、その手数料はそれほど変わりませんでした。しかし、fx会社が参入することができるようになってからは、抜本的なコストカットにより手数料も十分の一以下で換金することができるようになった事は、旅行者にとってもメリットが高いと思います。換金といえば、同じ銀行であっても日本の銀行は換金手数料が高すぎると思います。海外であればfxと同じ迄はいかないにしてもかなり手数料が安く換金することができます。これまで日本の銀行は保護されていて、競争に取り残されていたのではないかと思います。そういう所にfxができるようになってから同じ金融商品として認知されだしてきているので、もっとイノベーションが起こって私たち投資家、さらには一般の人にとっても良いサービスが出てくるのではないかと思います。やはり、このような競争原理が働かないと進化はないですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

長期運用より短期運用のほうが儲かる!?

外貨預金のようにスワップ目的のために運用すると言う事は数年前までは威力を発揮していました。まさに海外からミセスワタナベの円売りが出ていると言う事で為替相場へも一定の影響力を誇っていた時もありました。レバレッジ規制がない時でしたのでレバレッジの効いた円売りは日銀介入より威力がありました。しかし、サブプライムショックから円買い戻しが一気に起こった事で、これらの円売りもロスカットさせれる格好となり大きな損失を抱えてしまった投資家も増えてしまいました。今では世界的に金融不安であることからスワップが付きにくくなっており、スワップ目的でトレードをしようと思っても値段がどんどん下がってしまうために、なかなか儲からなくなってしまっています。しかし、値段が0円になってもいいからといって下値で買い支えている人もいますが、そこまでがんばってトレードをしてもリターンが少ないのでリスクの割にはリターンが少ないので、私としてはそこまでするメリットがあるのかなと思っています。それであれば、短期売買でその日のうちに決済してしまうようにして短時間で勝負をしていくほうがリスクとリターンを考えると有利だと思います。外貨預金ではこのような運用はできませんが、fxではできるので活用すべきです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

fxは値頃感でトレードはダメ

fxをする時にそろそろ安いのではないかという事で買いを仕掛けてみたりすることもあると思いますが、fxをする場合であればこれはとても危険なことなので注意したほうがいいです。よくスーパーのチラシでもここ最近で一番安いなと思って買ってみても、時間が経つとさらに安くなっていたと言う事はよくあることだと思います。食料品等であればスーパー側や政府などが保障して値段が乱高下しないようにある程度コントロールしてくれると思いますが、fxの場合は誰も保障してくれません。ついた値段が全てですので、さらにきつく値段が乱高下します。なので、安いなという時には安いだけの理由がありさらに安く突っ込んでいく危険性もあると言う事です。欧米人であれば、そのような考え方が瞬時にできるようで安ければ、さらに下がるのではないかと思い売りを仕掛ける事ができるようです。日本人は安いので買いやすいと考えてしまうようで、その考え方には大きな違いがあるようです。しかし、相場を見てみると値段は動きが出ればある程度のトレンドが付きやすくなるので値動きがあるようなものの場合は欧米人的な発想で、レンジ相場は日本人的発想が良いのではないかと思われます。うまくそのあたりをコントロールできるようになりましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

外貨預金より有利なfxを活用しよう

デフレが続いている日本経済において政策金利は0に限りなく近く、銀行に預金をしていても何のメリットもなくなりました。逆に、引き出す際に手数料を取れてしまいマイナスになってしまうほどです。今となっては信じられませんが、バブルの時であれば金利が高く10年間定期預金にしているだけで2倍になるというような金融商品が現実にありました。しかし、それ以上に株や土地に投資したほうがはるかに利益を取ることができるため、皆はそれらに投資をしました。一時はアメリカ本土を買い占める事ができるのではないかと言われるくらい栄華を極めましたが、バブルがはじけるとそれらは加速度的に値を下げて現在の状況になったということです。しかし、海外に目を向けると堅調な経済成長を果たして金利もそこそこ付く国もあります。そういう国の外貨を保有することで日本との金利差を狙うという外貨預金が人気があります。しかし、銀行が販売する外貨預金は手数料がとても高く、利回りを吹っ飛ばすくらいですので投資家としてメリットは薄いです。しかも、為替変動リスクも考えると妙味はありません。そこでfxを活用することをお勧めします。fxは為替変動リスクは同じくあるものの、手数料が断然安いです。しかも、自分でいつでもトレードをすることができるのでチャンスを逃しません。金融商品は賢く選らんでいきましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment